FC2ブログ
短歌工房
紙吹雪
そこもまた一つの故郷 黒揚羽、樹間に消える大菩薩の道
白樺とツツジと高く飛ぶ雲と 甲州市とは塩山、勝沼
行き暮れて見上げる空の太陽の白く翳りて墜ちる幻
春紫苑咲いて陽あたる道端に信号待ちをしている犬よ
なんとなく疲れきったという顔の老犬がいて黄金週間

鈴蘭の白、空白の時間あり 「鈴蘭の日」という五月一日
夏草の茂る廃屋 太陽が今薔薇色に染めてゆく海
雪が降り不協和音が奏でられ舞台にはまた時間が巡る
何かしら嘘の気配が濃厚で 夏の雲湧く螺旋階段
つくづくと薄情者で非人間 それが私と雨を見ている

はつなつのひかり放って今日の川 小鷺も鴨も消えた用水
具体性なき歌を書く私の具体性なき日常である
夢があり夢の色した街があり薔薇色の海を見ていた昨日があった
いかがわしい明日であればみんな纏めて引っ括られる覚悟はよいか
出獄の許可あり出獄する人あり 「共謀罪」論議なくして成立の運び

白樫の間に黄薔薇、蜆蝶 こわれた船の部品の木椅子
残されて一人の川を越えゆけば都大路の桜かがやく
母の手が取ったであろう黒電話 二十年前その部屋にいて
常夜灯一つ残して幕は下り舞台の上の光りも消える
金色の鳥籠に似た天蓋の線と鎖と光りの渦と

半眼の河馬の一日 終日を水に浸かって何を想って
手紙を書く 手紙嫌いの私が 今タンポポの綿毛が飛んだ
愕然としている 何もかもなんと迂闊に過ぎたことだろう
『炎を孕む』蔵本さんの歌集が来た 白い孔雀が炎となって
花終わる季節であれば花疲れ 四月最後の木曜の午後

蟹味噌と洗濯物もお土産に新入社員研修終わる
歌いたくなくなったのなら歌をやめればいい牛蛙来て牛蛙啼く
ヤマボウシ、ミズキいずれか上水に 胡蝶のように 落下流水
遅れ咲く紫木蓮にも陽があたり 遠い記憶の中の歌声
誰かが語り始めると夜が明けるという 聞き逃しているかもしれない私  

まだ少し眠り足りない猫柳 橡の若葉が生まれる朝
寒暖の二つの季節摩擦する 空がこんなに悲鳴を上げる
落ち込んでいます地蜂の溺死体 水溜りには今日も青空
中村屋! まだ暮れ残る春の空 舞台には猶舞う紙吹雪
明らかにここ過ぎてゆく落ちてゆく卯月の雁を眺めておりぬ
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック