FC2ブログ
短歌工房
三叉路
無理矢理の分離が起こり血が流れ分離不能なもののゆくさき
世界には破壊願望あるらしく世界とは神であるかもしれず
世界同時株安再び 再建の途上にあって危うき足元
天上に吊り上げられてゆく船があり再び落下する船があり
失速をしている日本経済のこの先にまだ何があるのか

希臘には希臘の青があるようにヒマラヤの空映す青い芥子
気まぐれで生きているとは思わない 夏咲く花は夏に逝くばかり
西空に夕日が沈むその後は小曾根真のボレロで終わる
いま雪が降ってほしいな見てみたいな 冷たい雪の切片などを
今月ももうお終いということにまたもどこかで傷ついている

眠くって眠くて半分死んでいる 十五時を打つユンハンスの時計
雲仙の峠道には桃色のミヤマキリシマ咲いて朧に
六甲は滴る緑、初夏の海の光りの中に兆す死
あのひとも今さまよっている死線 海の光りを見る白い部屋
切ないねみんな誰かに育てられみんな誰かに見守られて逝く

はしけが曳く本船であるだるま船 万世橋のたもとに舫う
夢みれば夢のまにまに立つ影の小さくゆれて傾いだ影の
切なさを今見ています牡蠣舟と水辺の葦と降る雨の川
折からの雨に濡れていた泥の道 右と左に分かれていった
希望もなく目標もなく生きてきた 何かが私を助けてくれた

第四章「きのうの雨」が好きだった 菜月さんの歌集『空は卑怯だ』
大切な時間が過ぎているはずの今をどうしていいかわからない
「吾輩は文豪であって悪霊ではない。」と、主婦みどりなる漱石居士は
欲しいです雷蔵映画のDVD 「炎上」「ぼんち」「ある殺し屋」など
狂四郎シリーズなど観たいもの 円月殺法、月光の青

木はのぼり木は広がって密生す ジャスミンの木の香る三叉路
降るような降らないようなとある日に 三叉路の家のジャスミン香る
メイショウサムスン勝ってダービーも終わりいよいよ六月、水無月に向かう
雨上がる 烏がそれを告げている 等間隔に啼いて晴れると
パリの空の下セーヌは流れ♪フイッツジェラルド夫妻の背景に流れ

500円のDVDで見ています『グランド・ホテル』『雨の朝パリに死す』
太陽を孕んで産んで殺したと神話の女嘆く雨降り
雨降って雨降って雨降って 降って私の心も濡れる
「恐ろしいのはお前の心」鶴屋南北の見た人の闇
その手紙見せよと迫る鬼女がいて 脚曳き歩く歌舞伎の女

さて歌も書かずはなりて候ほどに『一体二つの命ならずや』
退屈とたたかうために人生があるわけじゃなく木漏れ日の土曜日
もう遠い昔のことだ過ぎ去った水の流れと時間の記憶
遠浅の海へ流れる川がある 昔遊んだ海と砂浜
その町の白い教会、異人館 蔦が覆っていた空き屋敷

教会にあった小さな尖塔が夕日を浴びて輝いていた
山があり川と林と海があり 酒造会社に湧き水があり
遠くからでも見えた赤い屋根 鳥が運んだ実が育つ家
その町の砂を含んだ感触は松林まで続く感触
その日から現在までを俯瞰する望楼などはどこにもなくて

暖炉には火が燃えていて冬だった あなたが生まれたその年の冬
また無理をしている せっかくの気分をそして台無しにする
風吹けば風の歌書き雨降れば雨の歌書く今宵雨の歌
今年もまた同じ日の朝咲いている梅花うつぎの白い花房
命無き乾いた花の異様さとさびしさがあり五月闇あり
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック