FC2ブログ
短歌工房
海の光り
愛媛県の小さな町の座敷雛 初節句の子の雛を町中で
初生りの苺一粒ようやくに 延命地蔵の前垂れの赤
蓮華ツツジ、ドウダンツツジ、山ツツジ 蜜蜂、蜜をあつめるツツジ
花がらを摘めば花がら山となり水盤になお数日生きる
塩山に大菩薩あり高原も三窪高原近くの躑躅

人工の花で覆った祭壇に虚ろなものの満ちる夕暮れ
やっぱりとみんなが思うその人が事情聴取を受けるその朝
復讐を遂げたるもののありやなし第七の封印解かれる朝
トリュフォーの「隣の女」グルノーブル郊外に住むひとりの女
木曽路には奈良井宿あり清水湧く中仙道の馬つなぐ石

その町は郡上八幡、湧き水の水の音聴く水の音楽
白鳥の雛が生まれる水無月の湖の岸、岸辺の家族
燭光が見えるようなら十字星 離れて光るあの遠い星
そろそろかまだか諸株は崩落し明日の行方はまだ霧の中
無理矢理の分離が起こり血が流れ分離不能なもののゆくさき

世界には破壊願望あるらしく世界とは神であるかもしれず
世界同時株安再び 再建の途上にあって危うき足元
天上に吊り上げられてゆく船があり再び落下する船があり
失速をしている日本経済のこの先にまだ何があるのか
希臘には希臘の青があるようにヒマラヤの空映す青い芥子

気まぐれで生きているとは思わない 夏咲く花は夏に逝くばかり
西空に夕日が沈むその後は小曾根真のボレロで終わる
いま雪が降ってほしいな見てみたいな 冷たい雪の切片などを
今月ももうお終いということにまたもどこかで傷ついている
眠くって眠くて半分死んでいる 十五時を打つユンハンスの時計

雲仙の峠道には桃色のミヤマキリシマ咲いて朧に
六甲は滴る緑、初夏の海の光りの中に兆す死
あのひとも今さまよっている死線 海の光りを見る白い部屋
切ないねみんな誰かに育てられみんな誰かに見守られて逝く
沖合いに浮かんだ大きな貨物船 係留されてだるま船もゆく

はしけが曳く本船であるだるま船 万世橋のたもとに舫う
夢みれば夢のまにまに立つ影の小さくゆれて傾いだ影の
切なさを今見ています水舟と岸辺の葦と降る雨の川
折からの雨に濡れていた泥の道 右と左に分かれていった
希望もなく目標もなく生きてきた 何かが私を助けてくれた
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック