FC2ブログ
短歌工房
秋空なれば

眠れない夜のためにはミステリーよりもよく効く星座の話
大丈夫大丈夫なんて言われたくないだろうけど大丈夫(ダトオモイマスヨ)
大切なものは平衡感覚と希臘の酒盃や李朝の壷が
「通常の波形と異なる地震波」の第2回目を感知したという
時空間移動するだけ 死んだってつまらないから生きていましょう

秋の日の薄桃色の雲見えて夕暮れは来る雪の山頂
北朝鮮の核実験が実施され この秋の日の青空の下
ロシアでは記者が殺され日本でもいつしか消えているものがある
秋晴れとはこのようなものなのか 風はさやかに赤とんぼ来よ
真っ青な雲一つない空でありただそれだけの晴天である

社会的適応をして私は大事なものを棄てて来ました
中天に十五夜の月かがやいて 喪の日からはや一年が過ぎ
雨上がりの川を小白鷺が歩いている いつのまにかそんな季節に
重力の違いであったという説明 その大きさが決めた運命と
なんとなく命からがら生きているような昨今 雨は激しく 

アメリカの轡しっかり嵌まっている <言わない>総理はとてもおとなしい
水面には波紋広がる 水馬、蜻蛉、蛙、井守よぎった
私はどう生に関わり私の生はどう私に刻印されているか 書くことはそれを知ること
フロンティアだったメイフラワー号だった水平線にマストが見えた
屈託がないと言っているSさんやFさんの方がずっと屈託がない

そのように離れる思いだけがあって雲は流れる光り播きながら
突然に絶望的になることがあります歌から離れます
「駄目教師はやめていただく」(まず最初に愛国心の無い教師から)
IDは不在、でもそこにいた人の言葉を信じています
抵抗の手段としては弱すぎる もちろんそういうことはあります

秋の日の玉蜀黍畑の黄金の風 鳴沢村字ジラゴンノの風
さて今日は九月最後の土曜日です 「罪と罰」など観ているのです
平凡にただ悲しげに今日の空 秋空なれば翳りやすき陽
秋色の紫陽花があり夕暮れの川のほとりに白い彼岸花咲く
現実を突き抜けなければ現実は見えないというパラドックスが

無重力空間までのあと一歩 強引に今、風を切る音
「美しい星」や「音楽」書いた人、三島由紀夫の憂国の季節
<綺麗は汚い、汚いは綺麗>お芝居の中だけの台詞と思った
殺人の時効制度に意味はなく廃止にするのが妥当と思われ
警察の無能のせいで結果的に時効になった時効など無効
スポンサーサイト



2006/09/29(金) 18:26:34| 未分類| トラックバック(-) コメント(-)